(飛行機でブラジルのリオに到着。さらにフライトでマナウスへ行き、前から行きたかったアマゾン川クルーズツアーに参加中のヤンバルクイナとカカポ。)

ヤンバルクイナ「とうとう念願のヤンバルの森からアマゾンへデビューだぜ。それにしても舟はけっこう揺れるなあ。」 

カカポ「お互い田舎から出てきていきなり世界最高峰の危険地帯へ挑んでいるわけだな。不思議とあまり実感はわかないな。むしむしはきついが、ってかこれが河?広すぎる。」

ヤンバルクイナ「断言しよう。俺らの戦闘力はこの森でダントツで低い部類に入る。頭を使わないと生き残れない過酷な戦いがまってるぞ。やれジャガーだ、やれアリゲーターだ、やれ電気ウナギだ、やれヤドクガエルだ。どんな死に方も選び放題さ。」 

カカポ「カンディルっていうウナギの仲間もいるぞ。いいか、川の中で真夏のプールと同じ感覚でオシッコだけはするなよ。体の中に侵入されて元の取れねえ食べ放題を提供する羽目になるぜ。」 

ヤンバルクイナ「確かにお互い祖国では保護されてかわいがられ来ただけに不安要素ばかりが目立つな。しかし冒険もせず物事の真理はつかめねえとはよく言ったもだ。」 

カカポ「ここは覚悟を決めていくか(一応観光ツアーだし)。しかし思うんだが、こんな苛酷な環境でいきる動物達は楽しいんだろうか?」 

ヤンバルクイナ「幸せ?質問の意味がよくわからねえな?彼らにそんなこと考える暇は無いだろう。選択ミス=即捕食だぜ。」

カカポ「でもそれじゃ見合わないだろ?なんていうか、仕事だって危険なほうが収入は当然高くなるだろ?カニ漁船とかさ。それと同じ考えでいくと危険な地域に住んでる生き物はそれ相当の対価を得てもいいと思うんだ。」

ヤンバルクイナ「お前にしてはなんかもっともらしいこといってるのかな?、、じゃあ一体生き物の対価って一体何?」

カカポ「俺の考えだけどよ、それは達成感じゃないか?」

ヤンバルクイナ「んん?といいますと?」

カカポ「アマゾンに住む生き物たちはさ、達成感と誇りでいっぱいなわけよ。世界一危険な森に住む俺らカッケーみたいな感覚が常にあふれてくるわけよ。バスケでいったらNBA、ボクシングならヘビー級、サッカーならチャンピオンズリーグに出場してますみたいな感じだろ。そう考えたら勇気と希望がフツフツと沸いてくるでしょうよ。」

ヤンバルクイナ「よくわからん理論だがじゃあハッピーハイテンションでポジティブシンキングな輩が沢山いるわけか?、、確かにのんびり者には向かない環境のようだが。」

(ドタン!!突如クルーズ舟のビニール屋根の上に何かが落ちてきた音がした。)

ツアーガイド「ヤバイ!ジャガーだ!!」

(舟の甲板にジャガーが躍り出る。)

ジャガー「ハーローみんな!!乗船成功ージャガーが来たよ~ん。ん~にゃ!!!」

ヤンバルクイナ「やっ、やばい。。いろんな意味でいきなりやばいヤツがきやがった。くそっ、こうなったら、、カカポ!例の作戦で行くぞ!!」

カカポ「ちぇっ、しょうがねえ。先手必勝だな。しかし登場からテンション高いなジャガーってヤツは、、」

ふたりはジャガーの前に決死の覚悟で飛び出した。

ヤンバルクイナ・カカポ「せぇーの!!」

ジャガー「ナニナニ君達!!どうしたの?!どっちが美味しいかな?!でもまてよ!鳥から向かってきてくれる事なんか今まで無いからなんか嬉しいな~!しかも初めて食べる種類の鳥だし~まあでも!なんでも初めての経験は新鮮だよねー!いただきまーす!」

ヤンバルクイナ・カカポ「宣誓!僕たち、私達は毒があります!!とてつもなくヤバイ毒です!ん~にゃ!!」

ジャガー「おっ!早速ん~にゃをまねしてくれてありがとう!流行るかなコレ?!ってゆうか毒あんの鳥の癖に~?!せっかく首の肉からコリッていこうと思ってたのに!残念!喉がパキャって折れる音メッチャテンション上がるんだよな~!!え~せっかく木の上からスタッとかっこよく着地したのに~見たでしょ?着地するときにあんまり音が鳴らなかったよね!これがネコ科のなかではすごくポイント高い着地だから覚えといてね!え~じゃ~せめて握手しようよ~友達になろう~観光?FBやってる?登録名教えて~申請しとくから。」

ヤンバルクイナ「テンション高いなこいつ!」

カカポ「いかにもキメてますっ、て感じだな。」

ジャガー「キメてない!輝いている!なぜなら毎日がハッピーだから!アマゾンで汗水たらし生抜く俺はかけがえのない存在!プライスレス!」

カカポ「予想通り、ってゆうかはるか上のヤツが出てきたな。やっぱりアマゾンずげえ。」

ジャガー「あたりまえじゃないか~!こんな楽しいところないよ~聞いて聞いて~この前もさ~流木かと思ってスタッと着地したらさ~、あ!それも結構いい着地だったな~!いきなりその木がグワッてうねってさ。なんと11mくらいあるアナコンダだったわけ!あっはは!でさ、そいつとぐろを巻いて締め付けようとしやがったからその輪っかの間をトゥーって仮面ライダーみたいにジャンプしてくぐりぬけてさ!!ボリウッドもびっくりだよ~どんだけ危機回避能力高いんだ俺!?みたいな!獲物をとったり高いところをジャンプしたり、俺はこの体一つで今までにない斬新なアクションを追求している。それが俺の生きがいさ!あっ今思いついた!いつか映画デビューしたい。」

ヤンバルクイナ「はっ!ジャガーおいッ伏せろ!」

(人間のツアーガイドがジャガーに向けて銃を撃つが当たらず。)

ジャガー「ヒュー!今のは危なかった!英語でゆうとクローズコール!この辺はポルトガル語か現地語だけどね!ヤンバルクイナ君サンキュー!!でも今の俺なんつーかマトリックスみたいじゃなかった?高ポイントアクションだよね!?乗客のみなさ~んだれか今の動画とってない!?」

ヤンバルクイナ「奥で3人くらい手を上げてるな、きっと今日のうちに動画をアップしてくれるだろう。キアヌ・リーブスみたいだったぜ。しかしおしゃべりはその辺にしてそろそろ離れないとまた人間が狙ってるぞ。」

ジャガー「まいったな~!結構人気あるみたいで騒がれるんだよね~俺。でもまあそろそろ離れるかな?そうだ!お前達も一緒に来る?俺結構行動範囲広いし知り合いもたくさんいるし退屈しないよ~背中に乗っちゃいな!」

ヤンバルクイナ「まあ、乗りかかった舟に乗りかかったジャガーに乗りかかるクイナっつうところだな。いっちょアマゾンで幸せの心理でも探求してやるか。」      

カカポ「まさか非常食じゃねえよな?」                     
  
               つづく