一年ほど前、言霊について詳しい方に、自分の悩みを打ち明けました。その人から教わったことは、まず言葉の力を信じ、その使い方を学びなさいということでした。そのアドバイス通り、言葉の使い方に気をつけていると、だんだん自分に力が湧いてくるようになりました。虚弱体質も治り、以前とは人が変わったように、リーダーシップを取るようになり、会社でも評価されるようになってきました。その占い師とは、それからも頻繁に会っていたのですが、ある日ケーキを持ってお邪魔すると、お手伝いさんがその占い師が23日見つからないことを伝えてくれました。私は心にモヤがかかったように、何か変だなあと思いながら、「いない間代わりに私がここで占い師をしたいです。」と力いっぱい頼みました。お手伝いさんは震えながら何処かへ出掛けていきました。私は持ってきたケーキを切り分けるための包丁を片手で遊ばせながら家に入り、占い師からもらった、「あなたも私のようになれる。」という言葉を何度も何度も繰り返しました。